愛媛大学 地域再生マネージャー・アカデミーの効果について

愛媛大学が進める社会人学び直し講座である「地域マネジメントスキル修得講座」(2009~2015年度まで実施)の修了者は、現在167名おり、「愛媛大学地域再生マネージャー」として、愛媛県を中心として、高知県、香川県、徳島県、広島県、東京都など、それぞれの拠点地域を中心に活動している。
2014年2月、このマネージャーを対象とした協議会組織として、愛媛大学地域再生マネージャー・アカデミー(以下、EURAC)が設立された。
その経緯は、スキル講座の修了者が、それまで期毎の同期のメンバーだけで不定期に集まり、お互いの事業進捗や近況を話し合うなどの情報交換会などを開催していたが、「別の期のマネージャーとも交流したい」「様々な地域活性化の取り組みを知りたい」など、修了者同士の交流や学び直しの維持・継続を望む声があるということが話題になり、スキル講座の担当教員と各期の世話役やリーダー格のメンバーが集まりEURACの設立を起案したのが始まりである。
EURACの活動は、会員間および、他の地域活動家・団体との交流と連携、学びの場の維持・継続を目的として設立され、活動の2つの柱は、地域再生活動の促進としての「マトリックス的活動促進」と学びの場継続事業の「地域再生塾」である。

今回、EURAC会員にEURAC創立の効果などのアンケートおよび聞き取り調査によりその声をまとめた。
アンケートの内容は下表のとおりである。

画像



アンケート結果は以下のとおりである。

1.地域再生に関わっている様々な人に出会うことができた。また、色々な情報をいただくことにより、自分の視野が広がった。

2.「地域再生マネージャー」の講座を受講した「同志」であることから、地域再生塾は「家族的な集まり」の雰囲気を持っている。相談しやすい場であることから、「助け合い」「連携」「情報共有」がスムーズに運ぶ有難い組織である。困難(=ストレス)の解消にも繋がっているように思われる。

3.社会人同士の関わりで、私自身は従来の関わりとは全く違った人脈がしっかり出来、人生の後半でいい絆づくりがしっかりとできていると感じます。それぞれいろんな分野の繋がりは素晴らしいし、しがらみをを排除したお付き合いが楽しいと感じている。

4.志を同じくする仲間と出会えたこと。地域活動に参画する機会が増えたこと。政治家になるきっかけとなったこと。

5.情報交換ができる場。地域の課題を抽出し、課題解決の取り組みを検討したり、活動の参考に出来る。人脈作りにも役立つ。

6.いろいろな人と知り合い刺激や元気をもらい、地域のいろいろな事業に参加しています。

7.何より人とのつながりが強固になった。地域は人、モノ、コトの三位一体とは言え、人が時代を動かすことを実感。愛媛を離れてもなお繋がれる、そして新たな出会いも生み出される。これから人生の宝でしょう。

8.地域を変えていきたい。そんな熱い想いをもった面々が集まる場であるので、たとえ何気ない雑談であっても、そこから生まれるアイデアは未知数。

9.頑張っている仲間の様子が、ネットや会を通じて見られ、励みになっている

10.地域再生塾にはなかなか参加できていませんが、講座に参加し変わったことは、視野が広がったことや、多世代に渡る生徒だったので、いろいろな考えやアイデアがあり、自分よりも年上の方々がこんなにも活発なのかということに刺激を受けました。

11.人材育成塾(会員が行っている別の社会人塾)にお招きいただき、こちらの取り組みを紹介させていただいたりと交流が生まれていることもとても良いと思います。

12.みんな頑張っており大きな励みになる。地域再生マネジメント、地域再生塾がなかったら今の自分はないし、地域おこしもどうなっていたかと考えると、想像以上の大きな存在だと思う。
地域おこしで、コンサルや行政がどんどん入って来たが、地域のことも知らず、金太郎アメで役に立たない。

13.自ら考え決断しやるのは本人でしかないが、本気で頑張っている人たちの情報交換、交流の場として、また気軽に相談できる、動くシンクタンクとして、引き続き活動をお願いしたい。

14.志を同じくする同志に出会えたことが良かった。

15.(EURACは)同窓生たちとのつながりであり、人脈が広がり、地域おこしを含めお互いのビジネスにもつながっていることが評価できる。

16.これまで個々に取り組んでいた地域活性の事柄が、少しずつ連携を生んで太いネットワークのパイプになりつつあると思います。積極的に連携するという意識が芽生えてきたのではないかと思います。

17.様々な立場の個性的な学友ができて、楽しいです。

18.農学部から社会共創学部に(管轄学部)変わったけれども、講座が終了してからも、助言してくださる先生方に恵まれています。

19.共通の話題や課題を持てることが良いこと。

20.普段は会えないような遠い所にいる仲間の頑張っているニュースを見た時、私も何かできることはないかなと自分の在り方につて考える機会を得られる。

21.定期的な塾開催は自分自身のモチベーションに繋がる。

22.職業の分野も考え方も年代も違う方々を先輩やら同級生と称し話し合え、違った視点からの意見や考え方を学べること、これは学生時分には味わえない貴重な体験だと思う。

23.仲間意識が芽生え、問題が起こった場合お互いで協力し合える。

24.(EURACに)参加しなければ出会わない人との繋がりができて人生が豊かになった。

25.自分の住む地域だけでなく、県内外の地域活性化にかかわる活動をしている人たちと出会えて、学ぶことによって連帯感が深まり、信頼関係を築けたことがよかった。また特に、特にリーダー的存在の人と出会えたことがよかった。

26.愛媛及び県外で志を持って、地域とかかわっている人たちとのネットワークができたことがとてもよかった。

27.精神的にも、仲間意識が芽生えた。またお互いが連携したり、自分の地域に招いてさまざまな広がりが生まれた。

28.新たな事業を起こすきっかけになった。事業の計画段階で色んな意見や助言を聞くことができ、スタートアップがスムーズにできた。

29.自分だけではできない取り組みでも、協力し合うことで可能になった事業もあり、目指すところが同じ人たちと連携することの重要性が分かった。

30.EURACメンバーの意見を聴いたり、それを事業に活かすことで、これまでやってきた事業より、1ランク上の事業になった感じがする。人間的にも成長することができていると思う。

31.人と人とが集う、繋がることは大切だと思っているので、その時点でEURACの存在が意義あるものになっていると思う。すぐに効果、結果が出ないとしても、災害の多い昨今、いざというときに立ち上がれる仲間がいるのは強みである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック