「伊達なうまいもの市と幕末偉人伝」あるらしいで~~

宇和島市は、今年が伊達入部400周年記念。

いろんなイベントが開催されとるけど、

この秋一番の盛り上がりイベントが、

「伊達なうまいもの市と幕末偉人伝」じゃないかいねや。

伊達なうまいもの市、言うぐらいじゃけん、

宇和島伊達藩と関係の深いいろんな地域から、

うまいものがやってくるらしいぞ!


画像


幕末偉人伝とは?なんじゃろか?

1853年黒船が来校して、鎖国の眠りが破られ、

我が国に風雲が巻き起こった。

この時、宇和島・福井・土佐・薩摩の4人の藩主が、

日本の夜明けのために立ち上がった。

激動の時代に大きな足跡を残した彼らは、

「幕末の四賢侯」と呼ばれた。


<幕末の四賢侯>

宇和島伊達藩8代目藩主 伊達宗城

福井藩16代目藩主 松平春嶽

土佐藩15代藩主 山内容堂

薩摩藩11代藩主 島津斉彬


ということで、

この4つの地域から、

うまいものがやってくる!

先ずは、宇和島伊達藩。

もちろん。

宇和島代表は、

「宇和島鯛めし」


宇和島を代表する郷土料理。

日振島の海賊衆が酒盛りの後、酒を飲んでいた椀に飯をつぎ、

鯛の身をのせて食べたのが始まりとされる、海賊めし。

画像



そして、福井代表は、

「きなこソフト黒蜜かけ」

越前海岸地域に伝わる「呉汁」を作るときに使う生豆粉。

その製造者が福井産大豆と国産豆乳をベースに

仕上げた100%植物性のスイーツ。

画像



土佐・高知代表は、

「かつおのたたき」

かつおは高知県の県魚。

特に秋のくだりかつおは脂がのった絶品の海の恵み。

高知ならではの味覚を堪能できる

奥深い料理。

画像



鹿児島県鹿児島市からは、

「さつま揚げ」

魚のすり身を油で揚げた琉球料理「チキアーギ」が、

島津斉彬の時代に交易で伝わり、改良考案されたといわれる、

伝統食品。

画像


このほか、

宇和島市の姉妹都市から。

宮城県仙台市

「牛たん焼き」

画像


「すずのすけ焼印入り手焼き笹かまぼこ」

画像



長野県千曲市

「おやき」

画像



宮城県大崎市

「しそ巻き」

画像



北海道当別町

「とうべつ絶品フランク」

画像



宇和島市と縁の地域

佐賀県佐賀市

「佐賀シシリアンライス」

画像



滋賀県彦根市

「埋れ木」

画像



新潟県上越市

「レルヒさんカレーパン」

画像



山口県萩市

「オイルルージュ、オイルポニーフィッシュ」

画像



(以上、「実行委員会チラシ」より)

宇和島圏域の鬼北町、松野町、愛南町、

八幡浜市、西予市からも、多数出展予定らしい!



開催日  9月22日(火・祝) 10:00~16:00

      9月23日(水・祝) 10:00~15:00

開催場所   宇和島商店街(きさいやロード)周辺


その他、ステージ上でもイベント盛りだくさんらしいぞ!


9月のシルバーウィークは、

宇和島商店街がうまい!

ワシもいくぞー!













この記事へのコメント

この記事へのトラックバック