伊予のコケコッコ街道・・・更につづく!

やっぱり、我がふるさと愛媛は、隠れたコケコッコ文化があるねや!

まだまだ、おもっしょいところもよーけある!



「お好み焼き 一休」「伯方島 かあちゃん亭」の大島煮鳥焼きうどん

しまなみご当地グルメ研究会のメンバーたちが、

今治焼豚玉子飯のタレ(焼豚のタレ)で煮込んだ鶏を具にして、

焼きうどんを開発したのがこれ。

もともと、すき焼きのシメに、

地元の製麺所のうどんがぴったりで、

各家庭で食べられていたすき焼き風うどん。

これが、煮鳥焼きうどんの原点とか。

画像


濃厚なタレに絡まったうどんがめっさ美味いけん!




松山・木屋町「坊っちゃん」のとり丼

「坊っちゃん」として店を出す前、

ここのマスターは、違う店を経営しよった。

その頃から、この「とり丼」は、変わらず定番メニューとして

ファンが多いメニューじゃ。

画像


もともとは、焼き鳥として出しよったセセリの鉄板焼きが美味いけん、

メシにかけて食うたら美味いじゃろ???

云うて始めたんがこのメニュー。

セセリと玉ねぎ、

ほんで、

タレの甘辛さがメシにかかったら、堪らん美味いけん!




伊予市「みかさ」の中華そば。

言わずと知れた、伊予市の名店「みかさ」

ここの中華そばは、鳥もつ入りじゃ!

画像


好き嫌いがある・・・云うけんど、

食うたらくせになって、

定期的に食わんとおれんなる。

鶏モツ入りの中華そばが、伊予市内で食えるんは、

現在「みかさ」と「井ノ口」の2軒。

昔はもう1軒あったらしいけんど、

閉めたんじゃと。

「井ノ口」の鳥もつ入り中華そばは、

ややあっさりで、これも美味いぞい!

画像




ほんで。

まあ、にわとりじゃないけんど、

愛媛では昔から山間部でキジが食われよった。

今治のせんざんきの元祖もキジだった・・・っちゅう話しもあるぐらいじゃけんねや。


今では、鬼北町のキジ。

久万高原町のキジが有名じゃねや。

久万高原の伝統料理「キジのぶっかけ」は、これじゃがね。

画像


画像


この、「キジのぶっかけ」のキジはこちら

    ↓ ↓ ↓

http://eiai-works.at.webry.info/201407/article_1.html


鬼北に行ったら、「キジ丼」があるけん。

画像



キジも美味いぞね!



この記事へのコメント

チンタオピーチョイ
2014年07月22日 20:32
「イヨコッコ」がベター!
2014年07月23日 10:37
チンタオピーチョイさん。
伊予コッコ外回り線。
伊予コッコ内回り線。
こんなんで
行きましょうか?
浮嶋
2014年08月20日 15:25
毎朝見てるんですが、アップされてないので心配してます。
何もなければ良いんですが!
2014年08月27日 08:57
浮嶋さん。
ありがとうございます。
時間と心の余裕がなくなって・・・
頑張ってアップしますので。
よろしくお願いします。

この記事へのトラックバック