伊予のコケコッコ街道!

一部の食いしん坊たちからは、

東予にわとりベルト地帯とか言われとる、

しこちゅーから今治までの地域。

愛媛だけじゃのーて、

最近、「骨付き鳥市」宣言をする計画をひそかに進める

丸亀を入れて、

瀬戸内ニワトリ街道とか言う呼び方もある。

さて、それは何でか・・・


この地域は、実に鶏肉を美味く食べることに

喜びを感じている住民が多い・・・っちゅうことじゃねや。


しこちゅーのザンギ、

しこちゅーの揚げ足鳥。

しこちゅーの焼鳥。

しこちゅーでは、焼鳥屋で焼鳥を発注したら揚げ鳥が出てくる。


伊予三島の駅前にある「阿波おどり」

ズリ、キモの「焼き鳥」

画像


「ザンギ」+「キモ」

画像




「揚げ足鳥」

画像








新居浜のザンキ。

市内の居酒屋行たら、

大概、どこでも食える。


「松葉屋」のザンキも美味い!

画像





西条・丹原のウズラ焼肉。

これは、ウズラ肉だけじゃのーて、

昔から親鳥の肉にウズラ肉を混ぜよった。




今治の焼鳥。

今治のセンザンキ。



この「東予にわとりベルト地帯」では、

唐揚げの呼び方が微妙に違う。


しこちゅーではザンギ

唐揚げっちゅうより、パン粉をつけて、

フライドチキン的なザンギを出す店もある。

もともと、今治の鳥料理店で修行した、

川之江の料理人が川之江で店を開店したときに

出したのが、しこちゅーのザンギの始まりだとか。


ほんで、今治のセンザンキは、

もともとはキジの肉を揚げたモンだったらしい。

それを、仙さんという人が考案したけん、

センザンキと言うとか・・・


新居浜のザンキ

これはまた由来が違う。

新居浜の別子銅山でその昔、働きよった中国人が、

鶏肉をザク切りにして揚げて食いよった。

それを見た日本人が、

「これなんぞお?」言うて訊いて、返ってきた答えが

「ザンチー(斬鶏)」

・・・ということから始まった。



まあ、それぞれ、諸説あるけんど、

どれが正しいかは分からん。


とにかく、こーゆーことで、

東予にわとりベルト地帯とか、

言われとんじゃねや。




ほやけんど、

実は、東予だけじゃなしに、

愛媛県には県全体を上げて、

鶏肉を美味く食おうと、

様々な食い方を試してきた文化がある。



先ずは、

ウズラ肉+親鳥。

この食い方は、西条・丹原だけじゃない。

丹原と桜三里を超えて、

川内・重信辺りまで、

昔はウズラ肉を親鳥と混ぜて、

焼鳥料理をする文化があったらしい。

「宝膳」の西条うずら丼


画像





それと川内には、

ほっちょ鳥の焼鳥がある。

川内の山間部の寒さに耐えながら育てられた、

ニワトリは、味が濃いい。

ほんで、肉がプリプリ。

包丁で切れるような冷たい風にさらされて育ったけん、

包丁鳥・・・ほっちょ鳥になったという。

この焼鳥が美味い。


次に、伊予市周辺のトリモツ入りのラーメン。

これは、

今では「みかさ」の名物になってしもたけんど、

その昔、伊予市周辺の食堂で中華そばいうたら、

このタイプが多かったらしい。

「みかさ」の中華そば

画像




それと、平成13年に愛媛県養鶏試験場が開発した、

「媛っこ地鶏」じゃ。

伊予路しゃものメスとプリマスロックっちゅう品種のオスの交配種。

この品種をもっともうまいこと育てよんが、

愛南町の由良半島。

エサに海藻や貝殻を混ぜて脂のノリがええ、

歯ごたえのええ品種を作りよるらしい。

この辺では、

美味い媛っこ地鶏の焼鳥が食えるらしい。


それに、媛っこ地鶏のパティのパニーノなど、

媛っこ地鶏を使おた美味いパンやピザを作ってくれる店もある。


それが、「LA VITA」

画像




ちゅうことで、

まだまだ、愛媛には、

ここに書ききれんぐらい、

ニワトリを食いまくる文化があるんじゃ。



「伊予のコケコッコ街道」と名づけてもええぐらいじゃねや。








この記事へのコメント

ミヒャエル・シューマッハ
2014年03月11日 20:15
ええぞねええぞね~♪
丸亀~いまはるの
東海道中膝栗毛ならぬ
瀬戸内道中膝栗毛
これからも切磋琢磨して欲しいねや~
2014年03月11日 21:10
ミヒャエル・シューマッハさん。
東予ニワトリ道中じゃねえ(^^)
松うどん
2014年03月11日 22:59
にいさん。
「鶏肉」確かに美味い。
それに文句はない。
ただ、
「包丁で切れるような冷たい風にさらされて育ったけん、
包丁鳥・・・ほっちょ鳥になったという。」
これは分からん…。
私も、包丁はたんびに研ぐ。
ただ、風を切ったことはない。
ワシが、
包丁持って風切りよったら
ただの「通り魔」だろ…。

2014年03月11日 23:58
大将。
「包丁で切られるような、
冷たい風」
が正解じゃね。
あんたも、
かなりな揚げ足鳥じゃねえ。

この記事へのトラックバック