宇和島の100年残したいうどん店・・・「やまこ」(前編)

iPhoneから投稿できるんが分かったら、

電車で移動中や待ち時間に

ブログ更新できるけん、

ええねや。


ちょっと前じゃけど、

愛南町に取材に行た。

朝9時に愛南町の城辺に

行かないかんかったけん、

6時に家出て、

宇和島に着いたんが7時半。

30分余裕があるけん、

宇和島の朝うどんの店へ。

ワシは3回目の入店。

なんとなく、3年毎に来よる。

懐かしさのある店。

「やまこ」

看板も暖簾も無い。

知らん客が通りすがりで

来ることはない。

画像


店内にはメニューは無い。

メニューはひとつのみ。

小エビのかっきゃ揚げ入りのうどん。

画像


常連のお客は、自分で勝手に茹でて、

勝手に出汁を入れて、

勝手にトッピングして、

勝手に食うて、

勝手に銭払て、

勝手に出て行く。

画像



そんな、自由度100%の店。

(後半につづく)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック