えひめの食遺産「エヒメシ」図鑑!(愛媛の食文化)

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳥天国・えひめのコケコッコ街道!チキンロードではふはふ美味〜<Part.1>

<<   作成日時 : 2017/02/15 08:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

愛媛県には、ものづくり地域である東予地域を中心に、

独特の鳥食文化があふれる「えひめコケコッコ街道」が存在する。


戦後、労働者の呑みニュケーションをきっかけに、居酒屋や食堂で生まれた

鳥食文化は、今やスーパーや家庭に浸透。

女性や子どもたちまで大好きなご当地鳥料理へと進化している。



その1つが、四国中央市の

焼いてない焼き鳥。


愛媛県の東予地域は、鶏のから揚げをこよなく愛するケンミンが多い。

まず、四国中央市(しこちゅー)の焼き鳥屋はちょっと変わっている。

「焼き鳥屋」の看板の店に入って、メニューにある、「ずり(すなぎも)」「きも」「鶏足」などを注文すると、

串に刺して焼いた、いわゆる「串焼きのやきとり」ではなく、揚げた鶏が出てくる。


画像

(ずり)



足(もも)を注文すると、これが出てくる。

画像

(揚げ足トリ・・・しこちゅーチキンとも呼ばれる)




最近、メニューに「串焼き」と書かれて、普通の焼鳥を出す店も増えてきたが、それは、県外のお客さんに、

「焼いた鶏を出してほしい」と言われたかららしい。


手羽を注文すると、手羽元と手羽先がつながった、ジャンボなフライが出てくる。

とり好きの客は、「手・手・足・足・ずり・きも・ざんぎ」を注文して、

「鶏1羽喰たどー!」というのが通の楽しみ方。


画像





四国中央市の焼鳥が揚げ鳥になった理由には諸説あるが、

串に刺して焼くより、ぶつ切りにして揚げたほうが早くて簡単だったというのが有力説だろう。

いかにも、愛媛県東予東部のケンミンの、

「たたわしい(しこちゅー弁)、「あせろしい(新居浜弁)、いらち(今治弁)」=「せっかち」

な気性を現している。



二つ目の鶏食文化が、ザンキ、ザンギ、センザンキ。

新居浜市では、味付け鶏に米粉や片栗粉などをまぶして揚げたものをザンキと呼ぶ。

新居浜市のザンキを始めとして、四国中央市は、ザンギ、今治市ではセンザンキと呼び、

ただの唐揚げとは区別している。


新居浜市のザンキという呼び名は、昔、地元の中国人労働者が鶏のぶつ切りを揚げており、

それを見た新居浜人が「それは何か?」と訊いたところ、「ザ-チー(中国語で鶏のぶつ切り料理)」と

答えたのが語源と言われている。

ザーチー → ザンキ

ということだろう。



一方で、今治市のセンザンキは、江戸時代に今治市に住んでいた千(せん)さんという人が、

山でキジを捕まえ、揚げ鳥にしたことから付いた「千さんキジ」という呼び名が、

「センザンキ」になったという説がある。



四国中央市のザンギは、今治の焼き鳥屋で修行した人が、四国中央市で店を開き、

その時に「センザンキ」とせず「ザンギ」と呼んだのが始まりとされている。


画像

(新居浜のザンキ)




鶏を揚げたものをザンキと呼ぶ地域は、愛媛の東予地域以外にも存在する。

何故か、北海道の一部(釧路、室蘭など)、山形県の一部(酒田市、鶴岡市)の飛び地でも、

ザンギ、ザンキという呼び方が存在している。


なぜ、国内の飛び地で同じように鶏の揚物を「ザンキ」と呼ぶのか。

これは、北前船の寄港による伝播であるなどの説があるが、未だなぞは多い。

ここにも地域の食のストーリーが隠されているように思われる。



いずれにしても、愛媛県内だけでもそれぞれの地域で、「ザンキ」と似通った呼び名が広がっている。

揚げ鳥料理をこよなく愛する、愛媛・東予を中心としたコケコッコ街道の一つである。



西条市では、うずら肉の薄切りを親鶏の薄切りと混ぜて、「野鳥焼き」と呼ばれる焼き鳥文化がある。

固い親鶏の肉を薄切りにすることで、食べやすく、タレと混ざりやすくする効果がある。

うずら肉を食べる文化は、

古くから西条市の丹原地域から桜三里を超え、現在の東温市にかけて、

存在したようだ。

近年は、その文化を残すため、地域の有志が集まり、

うずら肉と親鳥の肉を混ぜてタレ漬けにした肉を焼いて、

丼にしたうずら丼を開発した。


画像

(うずら肉と親鳥の焼鳥どんぶり)




今治はやきとりの町と呼ばれている。

数年前までは、人口当りの焼き鳥屋の軒数が日本一多いとも言われていた。

今治の焼き鳥は、早く焼き上げるため串焼きではなく、鉄板で炒める。

そして更に、早く焼きあがるように、鶏の上からアイロンと呼ばれる鉄板で押し付ける。

ザンキ同様、東予地域のせっかちな気質をよく表したご当地料理である。


画像

(今治の焼き鳥)



今治地域は、焼き鳥屋が多く、センザンキも好まれる、鶏好きの街である。

その鶏好きは、中華そばやラーメンのチャーシューに鶏肉を使うことをみてもわかる。

近年、今治のブロガーたちとラーメン店の店主が協力しあって開発したご当地ラーメン「今治ラーメン」。

チャーシューは鶏肉を使っている。

また、市内の食堂や中華そば店も以前は鳥チャーシューが多かったらしく、

今でも鳥チャーシューを使う店が残っている。

中華そばがしまなみ海道をとおって今治に伝わった時、

豚肉より鶏肉の調達が簡単で、鶏専門の肉屋もあったことから、

鳥チャーシューが根付いたらしい。

画像

(今治ラーメン 光屋)


画像

(鳥チャーシューの中華そば 日高屋)
   


えひめのコケッコ街道は、更に西に伸びる。


愛媛県の中予地域、南予地域にも

様々なおもっしょい鳥食文化が存在しとる。


しばらく、「えひめのコケコッコ街道」のレポートを続けてみたい。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

リンクするぞー!

  • 「えひめのご当地グルメ情報サイト CooDo!」


  • お好きです!

  • 「産直市『にいはま こんかい屋』でうほほほいほーい!」
  • 「寝る前に・・・乾杯!」
  • 「インタビューのブログ」
  • 「勝手に松山ミシュラン」
  • 「特急剣山〜いろいろお話させていただきます〜」
  • 「金子城鯱」
  • 「なんだかな〜」
  • 食いモン!

  • 「日々の出来事」
  • 「まじりんのブログ」
  • 「ミシュランごっこ。 ~奈良・大阪・関西あちこち…レストラン食べ歩き~」


  • うどんー!

  • 最強讃岐うどんリンク集「香川県内 讃岐うどん店一覧表」
  • 「毎日が土曜日!」
  • 「今日は・・・何食べる?」
  • 「complacent diary」
  • 「紙魚と○○○と」
  • 「本日のさぬき?うどん」
  • 「ふとんでうどん」
  • 「螺旋階段」
  • 「LIFE paradise view」
  • 「LIFE paradise view annex」
  • 「笑うよだれ」
  • 「なんでもかんでも」
  • 「気分の畜話」
  • 「すーぱーろんりーシャン」
  • 「つま先ツンツンライダーとランチ」
  • 「うさぎうどん」
  • 「うどん粉ぼれ話」
  • 「まったり〜♪」
  • 「nfl's notebook」
  • 「re-nyaのでどっくす」
  • 「りんごの忘れもの・・・。」
  • 「仁淀川酔滸伝」
  • 「なにくそ〜!おっ?」
  • 「つぶあんな週末」
  • 「何でも、首を突っ込みたい!」
  • 「アルビコッコの休日」
  • 「讃岐の香り 石川うどん」
  • 「がんばろ〜」
  • 「芋の戯言」
  • 「Cloud9」
  • 「北に京 上に海」
  • 「yfc-korogi」
  • 「ピアノのブログ」
  • 「四国新聞社・・・讃岐うどん遍路」
  • 「ENJOY讃岐うどん」


  • 企業とかー!

  • 『若者しごと塾』
  • 『サヨリ商店街』
  • 『月刊インタビュー』
  • 『こんにちわーく!』


  • ワシのー!

  • 2012麺食い記録!<うどん>
  • 2012麺食い記録!<中華そば・ラーメン、パスタ、焼きそば、パスタなど>
  • 2011麺食い記録!<うどん、中華そば・ラーメン、その他麺類>
  • 新居浜の食堂
  • 2010<うどん>
  • 2010<中華そば、ラーメン>
  • 2010<蕎麦、その他の麺類>
  • 2009<讃岐うどん>
  • 2009<伊予うどん>
  • 2009<中華そば、ラーメン>
  • 2009<蕎麦、その他の麺類>
  • 「愛媛若者しごと塾 しまかぜインフォメーション」
  • にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 四国情報へ
  • 「夢日記・・・っぽい」
  • リフォームを松山でするなら 愛媛の新築・施工のことなら
    鳥天国・えひめのコケコッコ街道!チキンロードではふはふ美味〜<Part.1> えひめの食遺産「エヒメシ」図鑑!(愛媛の食文化)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる